栄養を補うサプリメント

利用が増えているサプリメント

女性

近年、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が配合されている食品やサプリメントが増えています。 この2つの成分は脳の働きを活性化すると考えられているからです。 そもそもDHAとEPAが注目されたのは、とある漁村が発端と言われています。 その村では、多くの高学歴者を輩出したことで何か要因があるのではないかと調べられたのです。 その調査の結果、DHAとEPAの存在が明らかにされました。 そのため、受験生や子どもの脳の発育を目的としたDHAとEPAが配合された食品やサプリメントが増えています。 この成分は青魚にも含まれていますが、子どもの多くはこれを嫌うため別の摂取方法としてサプリメントなどが重宝されています。

DHAとEPAは幅広い世代に

また脳を活性化するため、近年社会問題化している認知症にも効果があるのではないかと期待されています。 認知症は罹患者だけでなく、その家族や社会保障費などにも負担をかけてしまい高齢化社会において喫緊の課題の一つとされています。 まだDHAとEPAと認知症予防の因果関係は科学的に立証されていません。 しかし、科学的に立証されることができれば、国を挙げて認知症予防として2つの成分を活用することができます。 食品として摂取するだけでなく、サプリメントでも補充できるようになれば認知症患者を大幅に減らすことができるわけです。 そのため、子どもだけでなく高齢者にも、幅広い世代に対して今後積極的に摂取されるようになるかもしれません。